オーラについて②オーラの高め方

前回の記事で、努力のしようがないオーラについて気にするのは時間の無駄だから、悩むのはやめようと書きました。その上で、ではどうしたらよいか考えていきたいと思います。

今回の結論は1に姿勢、2に姿勢、3,4はなくて5に姿勢!です。むしろ姿勢の重要さを書きたかったから前回の記事を書いたようなものです(笑)。

衣装より姿勢!

ただし、オーラというのは総合的なものですから、様々な意見があると思います。例えば、衣装や服装が大切なんじゃないか?という意見もあるでしょう。それは確かにそうなんですが、どんな服でも姿勢が悪いだけで格好悪く見えてしまうものです。その証拠にファッションモデルはほぼ間違いなく姿勢が良いし、歩き方も綺麗だと思います。ファッションショーではモデルさんは普通しゃべらないし、もちろんマジックもしないので、姿勢や歩き方で勝負するしかありません。

体型より姿勢!

そうすると今度は体型が重要なんじゃないか?という考えが生じます。これまたその通りで、スタイルが良いに越したことはないのですが、太っていたり、背が低かったりしても偉大なマジシャンはたくさんいます。ただし共通しているのは余裕のある堂々とした振る舞いで、それにはしっかりとした姿勢が必須です。

また、そもそも姿勢の良さはスタイルを実際よりも良く見せる効果があり、また、体型をより良く変える効果をも持っています。というのも姿勢を正すだけで身長が少し伸びますし、太っていても颯爽と見え、やせすぎていても実は姿勢さえ良ければ、まったく格好悪く見えません。その証拠に通常のモデルさんはBMIで言うとやせすぎのこともありますが、格好よく見えます。また、猫背だと無駄な肉が付きやすいのに対し、良い姿勢を保つには、それなりに筋力が必要で、腹筋や背筋が付いて自然と良い体型に近づいていきます。

声、しゃべりより姿勢!

見た目以上に声や話し方こそ、マジシャンのカリスマ性に影響があるんじゃないか?という意見もあるでしょう。もちろんそう!その通りです。ですがちょっと調べてみてください。歌や演劇、スピーチなど、発声を伴うあらゆるジャンルにおいて、姿勢をないがしろにしている人はいないでしょう。ということは結局、声やしゃべりのためには姿勢を良くしなきゃいけないのです。

知名度や実績より姿勢!

オーラの見え方というのは心理的な面も強いものです。その人が有名であったり、素晴らしい実績をもっていると、それを知っている人は、会えただけで嬉しい!とすごいオーラを感じるものです。ということはオーラを高めるには知名度や実績を身に付ければ良いのでは?ということになります。

しかし、これは論理的に否定しましょう。なぜなら目的と手段の順番が逆、私たちは知名度や実績がほしいから、オーラを高めたいと思っている、少なくとも既に知名度も実績もあって現状に完全に満足していたら、そもそもオーラの有無なんてどうでも良いからです。姿勢を良くすることで相手に信頼や安心感を与え、知名度や実績につながる可能性ならあると思います。

姿勢を良くする方法

というわけで、とりあえず私が姿勢を重要視していることは伝わったと思います。しかし、私は高校生の頃、本当に姿勢が悪く、悩みました。特に写真や映像などで自分の姿を見ると、猫背でとても芸能をやりたい人には見えません。長年姿勢が悪かった人が、突然良くするのは簡単ではありません。日々、気付いたときに姿勢を正す程度ではすぐに元に戻ってしまいます。

姿勢を良くする方法はいろいろあると思いますが、少なくとも何かしらの行動を起こすことは必要だと思います。私の場合は学生時代にパントマイムを習ったことで劇的に姿勢が良くなりました。そのため、まったく身長は変わっていないのに、会う人会う人「背が高くなった」と言われました(笑)。

かならずしもパントマイムでなくても良く、ダンスやスポーツは基本的には効果があると思います。ただしスポーツは何でもよいわけではなく、例えば格闘技系はマジシャンにとって大切な手や指をケガする可能性があるので私ならやりません。バスケットボールやバレーボールなどの突き指する可能性のある球技も同様です。

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。私の考えとしては、オーラというふわふわしたものに惑わされず、地道に歩んでいきたいということで、「姿勢を良くする」という方法なら、万人にとってリスクがなく、健康増進さえ期待でき、人生にプラスになるんじゃないかと思います。もちろん無理なストレッチなどには十分ご注意を(笑)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です