マジックに使うコイン①

コインマジックに取り組む方なら誰でも気になるこのテーマです。私なりの考えをまとめておきます。

日本円VS外国貨

基本的にはどのようなコインでもマジックはできるのですが、どのコインを使うべきかという問題においては、大雑把にいって、500円玉や10円玉などの日本円を使うべきだという考えと、アメリカの50セントコインなどの大きめの外国コインでよいという意見があります。

結論から言いますと、私は多くの場合、外国貨でよいと考えています。その理由をいくつか挙げていきましょう。

理由1 大きさの問題

日本円では最大のコインが500円玉ですが、外国貨ならもっと大きいコインもあります。単純にその点で外国貨が勝るという理由です。

理由2 手渡し可能

日本円を使う最大のメリットは、道具自体が怪しくないことです。そしてそのメリットは、コインを観客から借りて演じる場合に最も発揮されると私は考えています。実際にその効果は絶大で、外国貨では到底太刀打ちできないことでしょう。

しかし、観客が常にマジシャンが求めるコインを持っているとは限りません。また、わざわざ財布を出させるのに抵抗を感じる方もいるでしょう。

では、マジシャンがあらかじめ用意した500円玉などを自分の小銭入れから出して使うのはどうでしょうか。これでは日本円を使う効果が薄れてしまいます。特にプロマジシャンの場合、コインでもお札でも日本円の場合は、観客に渡して調べてもらうことができません。観客の中には冗談半分にマジシャンのお金をポケットに入れてしまう人もいるからです。これは意外に多くのプロマジシャンが経験しているようです。もちろん冗談とはいえ窃盗ですから、丁寧にお願いすれば必ず返してもらえます。しかし無用のトラブルは避けた方が良いでしょう。

その点、外国貨の場合、お金というよりメダルのような感覚となり、そのようなトラブルが起きにくくなります。つまり、日本円なら必ず観客から借りて演じ、マジシャンがコインを自分で用意する場合は外国貨を使い、場合によっては観客に手渡しして改めるということです。

理由3 見慣れないコインであることを逆用する

確かに見慣れない外国貨の場合、たとえ手渡しをしても何か仕掛けがあるのではないかと疑われるかもしれません。しかし、実際に観客が考える仕掛けというものが突拍子もないものであったり、そもそも仕掛けがないコインなのに、仕掛けがあると思い込んだりします。実はそのような場合、却ってタネがばれにくくなる効果があるのです。

マジックなのですから、タネがあるのは当たり前です。タネがないことを殊更示そうと躍起になるよりも、間違ったタネに推理を導く方が、多くの場合得策です。

理由4 生活感

日本円は自然な反面、生活感があるという見方もできます。常識的に考えて、人前で小銭をジャラジャラ、お札をひらひらさせるのは、あまり行儀の良いことではありません。センスの高いマジシャンなら、「現金を両手にマジックをするのが、本当に素敵な姿なのだろうか」と一度は考えたことがあるかもしれません。

その点、美しい外国貨を使うとかなり生活感は薄れ、小綺麗なマジックになるのではないでしょうか。マジシャンなら誰でも多かれ少なかれ日常から離れた、マジックの世界を表現するのですから、珍しいコインを使っても良いのです。

以上のことから、私は外国貨の使用に寛大なスタンスです。しかし一口に外国貨と言っても色々ありますし、マジック独特のチャイニーズコインなる代物も存在しますので、そちらを次回以降に書いていきたいと思います。今回もお読みいただき、ありがとうございました。

2018.12.23追記

ついつい大人目線で書いてしまいましたが、子供や、大人でも手の小さい方にとってはハーフダラーは大きすぎて扱いにくい場合もあります。そのときは500円玉や小さめの外国貨、記念コインなどを使うのも一法です。また、まずはお試しで手軽に練習を始めたいときもやはり日本円がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です