部屋を整理していたら出てきたシリーズ 牛乳パックのデックスタンドとその作り方

今回ご紹介するのは、私がだいぶ前に作ったデックスタンド(トランプ立て)です。といっても所詮手作りですから、販売したり、お客さんの前に出すレベルではありませんが、家で使いかけのデック数組を立てておくには良いと思います。

簡単に作り方の説明をしていきますが、基本的には「カルトナージュ」という技法を使って作っています。カルトナージュは専門書もたくさんあり、当然インターネット上にもたくさん情報はあるのでより詳しく知りたい方は調べてみてください。

用意するもの

  • 牛乳パック2個
  • 適当な端切れ
  • はさみ、カッターなど
  • 木工ボンド
  • 定規
  • 筆記用具

デザイン上重要なのは端切れで、できれば少し厚手の布の方が上手くいきます。ステージマジックをやっていると、テーブルクロスやら衣装の加工やら、ちょこちょこと布を使うので、意外と家に余り布がでてしまうものです。私自身も当時余り布があったので作ってみたという部分もあります。

1.片方の牛乳パックを下から7cmのところでカットする

これが本体であり、土台となります。面倒くさい場合はこれで完成にしてしまってもかまいません(笑)。

2.もう一方の牛乳パックから67mm×67mmの正方形を6枚切り出す

3.本体の側面に布を巻き付けるように木工ボンドで固定する

ボンドは全面に付けます。端は折り返して接着して隠し、ほつれないようにするのがポイントです。また、上下は1cmほど大きめに切って折り込んで接着します。

4.6枚のプレートにも布を貼る

布はひとまわり大きく切り、角を落として図のように包むようにして貼ります。やはりボンドは全面に付けます。本体に貼った布とは違う布でもかまいません。

5.内底面→内側面→外底面の順にプレートを貼り付けて完成!

ポーカーサイズのデックが3組入ります。もちろんどうしても工作が苦手だったり、忙しくて時間がない方もいらっしゃると思います。その場合、デザインは犠牲にして工程1で完成にしてしまえば工作に5分とかかりません(笑)。そのかわり、せめてできるだけお洒落な牛乳パック(?)を選びましょう。それでは楽しいマジックライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です