久しぶりの書評

現在コロナウイルスの影響で暇なマジシャンも多いと思いますが、研究や練習、道具の整備はもちろん、読書もしてみよう、ということで久しぶりの書評でもしたいと思います。

今回は大ベストセラーのFACTFULNESSです。

今や意識高い系の人にとって、これを読まずして意識高い系は名乗れない、というほどの名著です。私もどうにか意識高い系の仲間入りをしたく、今更ながらこの本を読了しました。

という冗談はさておき、この本は実はコロナウイルス関係なく読み始めていたのですが、今の世相にぴったりの、あまりにタイムリーな本でした。すでにご存じの方も多いと思いますが、この本の趣旨は、思い込みやイメージ、偏ったニュースやうわさに惑わされずに、事実に基づいた見方、考え方をしよう、といったものです。

デマから始まったティッシュやトイレットペーパーの買い占めなど、様々な不安やパニックがあふれていますが、そんなときこそFACTFULNESSのような本を読んで心を落ち着けるのが良いと思います。ちなみに私は自慢ではありませんが偶然マスクとティッシュ、トイレットペーパーが家に買い置きしてあったので、今回の品薄騒動になってからは一度もそれらを購入していません。もちろん足りなくなったら買いますが。

この本は伝染病はもちろん、世界のあらゆる社会問題を取り上げているのですが、それらはスケールを小さくすれば私たちの身の回りのことにも十分応用のできるものでした。私が100の言葉で説明するよりも実際に読んだ方が早いと思いますので、多くは語りませんが、これは本当におすすめの本で、日本中の大人がこの本を読んだらずいぶん良いだろうとさえ思いました。

しかし本書にもある通り、FACTFULNESSの基本は知識のアップデートです。日本に関する記述もいくつかありましたが、日本人としては、この本すらすでに古くなっている部分もあるなと感じました。ということは他の部分も間違いや古くなっている内容があるかもしれないということでもあります。だからこの本の内容さえ鵜呑みにせず、常に自分でも調べて考えるのが真のFACTFULNESSということでしょう。

私が読んだ印象では、堅い本というよりはエッセイといった感じで、訳者の影響もあるかもしれませんが、読みやすい本でした。この時期、あまりにニュースを見すぎるのは危険とも言われていますし、気分転換に気軽に読めるのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です