ミリオンカードの独学は危険

今も昔もステージマジックの花形のひとつであるミリオンカードですが、私はこれほど独学が危険なマジックも少ないかなと思っています。もし、これからミリオンカードにチャレンジしたいと思っている方はご一読いただければと思っています。

基本的にスライハンドマジック全般、独学で間違って覚えると危険なのですが、特に危険なのはミリオンカード、ファンプロダクションです。独学だと進歩が遅い、というレベルではなく、一生習得が不可能になってしまう可能性があるので、本当に注意してほしいと思っています。

特に1年以上やっていて技法が安定しない方は、練習頻度にもよりますが、やり方が違うのかもしれません。わずかな指の動かし方の違いで上手くいかないだけでなく、正しいやり方に矯正するのも大変難しいです。

練習の順番も大切です。まずファンカードの練習をしっかりやったでしょうか?信用のおける情報をもとに10本すべての指の位置を確認して練習したでしょうか?たった1枚の出現消失の練習はしたでしょうか?そのときの手の形、体の動かし方、足の位置、姿勢は正しいでしょうか?

少しでも不安がある方はどなたか信頼のできるマジシャンにアドバイスをもらうとよいと思います。スライハンドマジックは立体的なマジックですので、そのときばかりは対面で教えてもらうしかないと思います。

私自身もミリオンカードは最初独学で始めてしまったため、間違いの矯正に大変苦労しましたが、当時スピリット百瀬さんに丁寧に教えてもらったことと、まだ私が10代で柔軟性があったためか、なんとか修正できました。私のミリオンカードが100点満点だと言うつもりはありませんが、少なくとも独学とは雲泥の差で進歩することができました。

(ちなみに百瀬先生のミリオンカードも100点満点というわけではありませんでした。年齢のせいか多少フラッシュや乱れもありましたが、それでも「正しいミリオンカードがこうで、目指すべき理想はこうである」という理念がはっきりしていました。)

もし、どうしてもミリオンカードがやりたいのに近くに先生がいないという方は、実際に指導を受けられる環境が整うまでは、ミリオンカードへの憧れや情熱を大切に、練習には取り掛からない方が良いと思います。

指導を受ける場合は月1回でも良いので、そのときにしっかり教わり、質問もして、また次回修正していくという形式が良いと思います。

ミリオンカードの落とし穴は道具のシンプルさです。道具がシンプルだからこそどんどん技法が発展していきましたが、逆に言えば間違う余地も無限にあるのです。

ミリオンカードを習得されたいのでしたら、どうか手遅れになる前に、早めに指導を受けることをお勧めします。もちろん私に習うことが正解というわけではありませんが、下に私の個人レッスンのリンクを貼っておきますので、興味のある方はご検討ください。個人レッスンなので内容は可能な限り、ご希望に沿うようにしています。

イオンカルチャー マジック入門➀(個人40分・月1回) (aeonculture.jp)

イオンカルチャー マジック入門②(個人40分・月1回) (aeonculture.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。