ロープマジックの本事情

今回はおすすめのロープマジックの本をご紹介!と思ったのですが・・・。

現状でおすすめの本がほとんど絶版になってしまっています。

まずはこちら

これはまさしく日本のすべてのマジシャンの バイブル的な存在ですが、現在中古しかなく、値段も高くなっています。元々の値段は1800円ほどで、間違いなくおすすめなのですが、今となっては入手困難となってしまいました。図書館や古本屋で安く見つけたら、かなりの掘り出し物だと思います。

次はこちら

2008年の本なので、私の中ではそれほど古い印象はないのですが、いつのまにか絶版になっていました。前述の高木さんの本に比べると、だいぶ新しい本のため、内容はもっと洗練され、DVD付きの優れた本でした。

私がおすすめしたかったのは上の2冊でした。文句なしの良書だったので絶版が非常に残念です。

他のロープマジック本としては

こちらの2冊は百科事典的内容で、悪くはないのですが、どちらかというと既に基本を身に付けた方が、より幅広く知るというタイプの本ですので、万人におすすめの本ではありません。今のところ絶版ではなさそうですが、いつなくなってしまうかわかりません。

次にこちら

澤さんの独創的なロープマジック集であり、素晴らしい本なのですが、この本に掲載されているテクニックや、作品の本当の素晴らしさを理解するには、やはりもっとも基本となるロープトリックを全て身に付けている必要があると感じます。難易度も高めです。また、今のところ絶版ではないものの、定価が高いため、その点もおすすめしずらいところです。

現在のところ、主なロープマジックの専門書はこれくらいだと思います。ロープ専門ではなく、一部にロープマジックが載っている本は結構あり、中でも良かったのは次の2冊です。

どちらもロープ部分の解説が優れているだけでなく、それ以外のマジックの内容も素晴らしいので非常におすすめなのですが、どちらも絶版のようです。

日本奇術界の叡智が失われるのは大変寂しいので、やはり電子書籍などの形で復活することを願うばかりです。電子書籍ならば、出版社が在庫を抱える心配もありませんし、在庫切れもありません。

また、欲しい本があったら早めに買っておくのも大切です。名著はすべてのマジシャンにとって決して無駄になりませんし、仮に不要になったとしても、絶版になれば値上がりしますので、売ってしまえばむしろプラスになるくらいです。

本がなければDVDがあるのでは?という発想もありますが、確かに良いDVDもあるのですが、本に比べるとコストパフォーマンスは悪くなります。インターネットの無料の情報はやはり質や信頼性に難があります。独学の方には厳しい状況ですが、やはり何らかの方法で名著と呼ばれる本を入手して、練習し、可能ならばロープマジックの得意なプロまたはアマチュアマジシャンに見てもらうのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です