マジックに使うロープ

今回はロープマジックに使うロープについてです。

ロープの種類は、マジックによって異なってくるのですが、マジック用として最も一般的で、とりあえずこれなら間違いがないというものをご紹介したいと思います。

どこで買うか

マジックショップまたは手芸店で購入してください。マジックショップの場合は扱っている種類が少ないので、ほとんど迷うことなく買うことができます。どちらの場合も実店舗でもネットショップでも構いません。ちなみにホームセンターで扱っているロープは主に荷造り用で、硬すぎてマジックに向きませんのでご注意ください。

種類

手芸店で選ぶ場合は、スピンドル紐やスピンドルロープなどの名称で売られているものにします。これは組紐の一種で、柔らかく、チューブ状に編んであるのが特徴です。現在では世界中のほとんどのマジシャンがこのスピンドル紐を使っていると思います。

素材

繊維の素材は、主にレーヨンとアクリルがあります。レーヨンはたいてい色が白しかありませんが、柔らかく、非常に使いやすいロープです。また、毛玉になりにくいので、アクリルよりも長持ちすることが多いです。

アクリルは様々な色があり、少し硬くて腰があるのが特徴です。使い心地としては、レーヨンと比べて良いかどうかは好みによると思いますが、腰がある分、結び目や端がピシッとするので、ステージなどでは若干有利かもしれません。ただし、非常に毛玉が付きやすく、寿命はかなり短いと思います。

太さ

1cmがおすすめです。まずは1cmで練習し、これより太めが良いか、細めが良いか判断基準にもなります。しかし1cmのままで良いことが大半です。

長さ

まずはお試しで少量買ってもよいのですが、思い切って10mまたはそれ以上購入するのがおすすめです。例えば、通常のロープ1本のマジックでは約1.5m、有名な3本ロープでは1セットに約2m使います。それぞれ2セットとれば合計7mです。ロープは意外と消耗が激しいのです。

色はまずは白が良いと思います。そもそもレーヨンの場合は白しかないことがほとんどなので、選択の余地がありません。白が最も太くはっきり見えます。ただし、衣装が真っ白、後ろの壁も真っ白だったりすると、他の色の方がよく見えることもあります。白以外だと、赤、黄色、オレンジ、ピンク、黄緑あたりが候補になるかと思います。いずれにしても明るい色を選びます。

まとめ

太さ1cm、白いレーヨンのスピンドル紐を10m購入しましょう!

次回はロープマジックを習得するための本を紹介します。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です