トランプからK(キング)Q(クイーン)J(ジャック)が消える日

現在、トランプの絵札と言えばK(キング)Q(クイーン)J(ジャック)です。今までも、これからもずっとそういうものだと思っていました。しかし、今後はそうではなくなるかもしれません。

KQJトランプの問題点

現在、ありとあらゆる場面において男女差別をなくそうという動きがあります。トランプにおいても、男性であるキングが女性であるクイーンよりも強いことが差別なのではないか、そもそも男性にも女性にも区分されない人もいることから、トランプのデザインに男性と女性のデザインを使うこと自体が時代に合っていない、という意見もあるそうです。

また、白人しか登場しないのは人種差別であるとか、人間に序列をつけるべきではないとか、様々な問題があるそうです。

GSBトランプの新生

そこで開発されたのがGSBプレイングカーズ(公式サイト)です。

GSBはそれぞれゴールド、シルバー、ブロンズの頭文字で、従来のKがG、QがS、JがBに相当します。ちょうどオリンピックのメダルと同じです。

私の考え

トランプには長い歴史があり、実は少しずつ形を変えてきました。例えば昔は1組が32枚だったり、絵札やスート(マーク)のデザインも変わっています。今回もそうした変化のひとつと捉えることもできそうです。

現在、日本では(海外でも?)GSBトランプはまだまだ知名度が低いですが、私の個人的な予想では、こういったものは広まり始めるとあっという間に広がり、KQJトランプが駆逐される日もそう遠くない気がしています。

私としてはKQJに愛着もありますし、KQJを使ったマジックへの影響も気になります。また、KQJを知らない子供たちが新しく覚えるのと違い、高齢者はGSBに慣れるのに時間がかかる気もします。

また、歴史と変化はどちらを優先させるべきか、という問題もあります。例えば日本の百人一首においても、探せば必ず、男女差別につながる歌が見つかるはずです。それではそういう歌は除外していくのか、それとも百人一首自体を禁じていくのでしょうか?

個人的には、トランプが白人なのは西洋でつくられたからで、キングがクイーンより強くても、イコール男性が女性よりも偉いということにはならないと理解しています。しかし、子供が無意識のうちに女性が男性より劣るという先入観を植え付けられてしまうのが問題だという気持ちもわかります。

マジシャンとしてはある程度心の準備をしつつ、変化には対応していくのが大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。