ブログ上で占い?

今回は簡単にできる占い(?)のご紹介です。

トランプを使った相性占いです。普通のトランプと、あればクロースアップマットを用意してください。

クロースアップマットに関する記事はこちら↓

クロースアップマットは必要か

クロースアップマットの選び方

クロースアップマットの持ち運び

クロースアップマットの加工・自作(?)

それでは早速占いを始めたいと思います。相性を占いたい2人の名前を思い浮かべてください。もちろん、片方が自分の名前でも構いません。そしてカードをよくシャッフルします。ジョーカーも混ぜてしまって構いません。

例として「カズアキ」と「ハナコ」の2人の愛称を占ってみましょう。

まずは「カ・ズ・ア・キ」と言いながら、文字数の分だけ1枚ずつカードをめくります(この場合は4枚)。そして出たカードの数字を見ます。

今度は出た数字の分だけカードをめくります。例えばハートの6なら6枚めくります。

すると今度はダイヤの4が出ました。今度は4枚めくります。

これを繰り返し行います。もしちょうどジョーカーで止まった場合はもう1枚めくります。

だいぶ残りのカードが少なくなってきたところで、スペードの9が出ました。しかし残りのカードは9枚もありません。このように、枚数が足りなくなったところでストップし、最後に出たカード(この場合はスペードの9)を「カズアキ」のカードとします。

さて、テーブルにできた山を裏向きにしてもう一度手元に重ね、今と同じやり方で「ハナコ」のカードを決めます。「カズアキ」のカードの数字と「ハナコ」のカードの数字が近ければ近いほど相性が良く、マークも一致していれば尚素晴らしいということになります。

さっそくあなたもトランプを手に、占ってみてください。

蛇足

これは「クルスカル原理」という古い原理を基にして、私が相性占いとして構成したものです。マジックといえばマジックですが、確率が100パーセントでないため、占いともいえます。

ちなみにもし2人の名前の文字数が同じ場合(例えば「タロウ」と「ハナコ」など)、まったく同じ結果になるのは当たり前ですから、ニックネームを使うなどして適当に文字数を変えて占ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です